ライフハック

【第2回アメフト講座】アメフトを始めたきっかけ。現役選手にも聞いてみた。

ジュンパン

どうも、おはこんばんにちわ。

ジュンパンやで。

この記事を読めばこれがわかる

・アメリカンフットボールの学生頂点に立つまでの細かなストーリー

・アメフトを始めるきっかけは何か。

・どうしてアメフトを選んだのか。

周りの人たちから、よく「なんで、数あるスポーツの中で、アメフトをしようと思ったん?」という事を、何度も聞かれた事がある。

その度に、簡潔にまとめるのが難しかった。

みんな果たして興味があるのかと思うが、この記事を選んでくれている人たちには、少なくとも興味があるのだろう。

自分だけじゃなく、友人達のインタビュー形式に聞いてみたから、よければみてほしい。

結論。

世界の中で一番おもしろいスポーツだと思ったから

そもそものジュンパンは、、

俺は5歳にサッカーに出会って、ずっと強豪クラブチームで育てられたから、将来の夢は「サッカー選手」だった。

小学校に上がってからも続けてて、親友が実はタッチフット(子供用のアメフト)をずっとしていて、興味はあった。

更に、うちの小学校の部活動で「アメリカンフットボール部」があり、身近にはあった。よくアメフト部の友達とも遊んだりしていたが、俺は「サッカー」にどハマりしていて、身長も大きかったから、GKで日本代表になると本気で思い込んでいた。

アメフトに出会ったきっかけ

そんな「サッカー選手になる」という夢を持っていたため、中学校はサッカー部が強い学校に入りたいと考えて、受験勉強を始めた。

ただ、学習塾に通っていたのだが、そこの先生が嫌になり、1年で辞めた。

受験勉強に専念するため、サッカー部も一時中断していたところだった為、急に暇になった。

そこで、親友がやっていたアメフト部の練習に体験参加した。

そこが人生のターニングポイントだった。

小学校の部活動なんかは、かなり強引で、その日に防具やらヘルメットやら「全部貸してあげるから、持って帰り」とコーチに言われて、押し負けた。

次の練習の日に、やめようと思っていたが、サッカーのGKをやっていたので、身長も高く、キャッチ力も優れていた為、即戦力だと賞賛され、まんまとアメフトにハマっていったのである。

中学までの将来の夢は?

小学6年生最後の試合で、大阪の強豪チームに負け、とても悔しい思いをした。

ただ、俺の夢はずっと「サッカー選手になる」ということは変わっていなかった。アメフトも、サッカーの為の体づくりと、キャッチ力の向上のためにと考えて、やっていたからである。

中学からは「サッカー部」に入ろうと思っていたが、たまたま中学にサッカー部が無かった。

仕方なく、アメフトを続けることになり、中学は陸上部に入り、アメフトをクラブチームで続けた。

そして、中学3年生の最後の試合「関西学院中学校」にギリギリ負けた。

これが非常に悔しかった。が、高校からはサッカーやるぞ。と思っていた。

その時、「2009年度のライスボウル」をたまたまTVで見かけた。社会人の日本一チームと、学生日本一チームが戦う試合で、圧倒的に学生が不利な試合。更にコンタクトスポーツなため、当然社会人の方が大きく、早い集まり。

ただ、その試合で、学生が勝ったのである。この瞬間は今でも鮮明に覚えている。TV画面に張り付き、親に注意されながらも、学生が勝った瞬間をTVで見て、とても感動した。

胸が騒いだ。血が熱くなった。これがしたい。この大学で日本一になりたい。

と、この瞬間に俺の夢は「この大学に入って、日本一になる」というものに変わったのである。

夢を実現して、社会人に

そして、良い縁があり、付属校に入る事が出来、そのまま大学に入りアメリカンフットボールを続け、最終学年で念願の「学生日本一」になる事ができた。

結果としては、「ライスボウルで勝つ」という夢は叶わなかったが、全く後悔はない。これほどまで、人生の中でやり切った感がある人生経験をしている人もなかなか居ないんじゃないかと思い、とても良い経験をした。

関西リーグで優勝した瞬間は、人生で最初で最後の「嬉し泣き」をした。

そして、晴れて社会人になり、それでもまだ現役でアメフトを続けている。

なぜ続けているのか。それは、世界で一番面白いスポーツだと感じるからである。

その理由は、また別記事に書こうと思う。

梶原(仮名)にも聞いてみた

梶原に、アメフト始めたきっかけを聞いてみた。

梶原くん:現在も同じ社会人チームでアメフトを続けており、彼は高校からアメフトを始めたとのこと。大学でも同じチームで、共に日本一になった仲間。

梶原:俺がアメフトを知ったきっかけは、アイシールド21っていう漫画やで。

アイシールド21 原作:稲垣理一郎・作画:村田雄介による日本の少年漫画作品。また、それを原作としたテレビアニメ。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載された。全333話。アメリカンフットボールをテーマとしている。累計発行部数は2000万部を突破している。

ジュンパン:え?!そうなんや!最高やもんなあの漫画は。それで知って、どうしたん?

梶原:「デビルバットゴースト」がしたくて、アメフト部に入った。笑

ジュンパン:嘘やん。笑 めちゃくちゃおもろいやん。笑

梶原:そやねん。いざ、アメフト部に入ってみて、漫画の通りにステップ踏んでみたけど、全然無理やった 笑

ジュンパン:そらそうやろ。漫画やで。笑 でも、きっかけが漫画やってんなー。初めてみてどう思った?

梶原:実際に試合とかやってみたけど、正直ルールはいまだに全部把握し切れてない。笑

ジュンパン:梶原はポジションも、RBやからな。決められた道を、センスで突き進んで行く事が仕事やもんな。

梶原:そうそう。かなり自分には合ってるポジションやった。でもやっぱり、大学に入ってかなり戦略スポーツって事を見に染みて感じたな。

ジュンパン:そう。戦略スポーツって事がわかりだすと、更に楽しくなる。

梶原:最終的には、大学で日本一になれて、めちゃくちゃいい思い出やし、身体作りも勉強になったし、今後に活かせるスポーツやなって思ってるわ。

ジュンパン:そうやんな。社会人に必要な「コミュ力」「組織力」「頭の回転」「健康な身体作り」が一気に詰め込まれてた、大学時代やったもんな。

梶原:まあ、今でも続けてるけど、やっぱおもろいわ。健康のために続けたいなと思ってる笑

ジュンパン:お互い、大怪我せんようにこれからも頑張っていこ。笑

結論、梶原は漫画のアイシールド21がきっかけで、アメフトを始めた。その中でも、通っている高校にアメフト部があったことで、大学もスポーツ推薦で上がる事ができて、アメフトをしてて良かった事の方が多いと感じていた。

奥村(仮名)にも聞いてみた。

奥村に、アメフト始めたきっかけを聞いてみた。

梶原くん:現在社会人アメフトのXリーグのスタメン選手。小学校、中学、高校、大学と同じチームで、腐れ縁の幼馴染のようなやつ。共に日本一になった仲間。

ジュンパン:おいっすー。インタビューです。笑 改まっては恥ずかしいなあ 笑

奥村:ほんまに、お前とは小学校からの腐れ縁やもんな。笑

ジュンパン:さっそくやけど、なんでアメフトを始めたん?

奥村:お前と同じで、小学校に、タッチフットボールの部活動があってそこにお前とか仲の良い友達が入ってたから、始めた。

ジュンパン:そやな。結局そこやんなー。大学、社会人まで続けるつもりやった?

奥村:いやー。そんな事考えてなかったな。昔から走るのは好きやったけど、まさか今でも本気でアメフトを続けているとは、、笑

ジュンパン:実際、小中高大と一緒に続けてきて、続けようと思ったきっかけはある?

奥村:やっぱり、アメフトの奥深さがわかった瞬間かな。高校3年生くらいに、最終学年になって、競合チームを分析して、皆んなで意見出し合って、ぶつかりあって、勝ち進んだ時とかは、なんともいえへん快感。そこがキーポイントかな。

ジュンパン:そうかー。大学で日本一になって、社会人でも日本一になっている奥村やけど、アメフトの魅力を一言で言うと?

奥村:難しいな 笑 シンプルに、「どんな人でも輝く事ができて、世界で一番面白いスポーツ」やと思ってる。

ジュンパン:同感です。ラグビーとかサッカーってある程度、オールラウンダーでその中で突出した技術だったりとかが必要やけど、アメフトって、極端な話、何かが突出してれば輝けるもんな。

奥村:そうやねん。やからこそ、アメフトで就職して、日本のアメフト界を盛り上げたいと思っている。

ジュンパン:リスペクトするわー。これからも頑張って!

結論、奥村は仲の良い友達が部活動でやっていたからこそ、始められた。色々と縁があって今の自分があると言っていた。

アメフトを広めるためには

結論としては、やはり、小中高の部活動で、アメフト部がある事が、みんなのきっかけとなっている。

アメリカンフットボールを広めていくためには、サッカー部、野球部のように、どこの学校にも、アメフト部ができるように、学校でアメフトを広めていく事が、最終的には広めていくことに繋がっていくのではないだろうか。

まとめ

【2022年最新】NFLの視聴方法5選!無料で最もコスパの良い方法は? みんなの悩み ・NHKでやらなくなって、NFLが見れない。。 ・NFLを見る方法がわからない。 ・有料と無料とあるけど結局...

アメリカンフットボールは、「世界の中で一番おもしろいスポーツ」。

まずはきっかけに、NFLを見てほしい。そして、身近でアメフトをやっている人がいれば、ぜひ興味を持って色々と聞いてみてほしい。

試合を見てほしい。特にアメリカの試合は、桁違い。日本のどのスポーツよりも盛り上がっており、最高のエンターテインメントである事がわかってもらえるだろう。

【第1回】アメフト講座「アメフトを簡単にまとめると?」実はルールがとても簡単。 ジュンパン どうも、ジュンパンです。 今回はアメフト歴20年の俺がアメフト初心者の人たちのために語っていくで。 少しでもア...
ブログランキング・にほんブログ村へ

⇦クリックしてくれたら頑張れます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA