家電

【最新版】120日間使用レビュー。加湿空気清浄機KC-L50-Wのメリットデメリット。

ジュンパン

どうも、おはこんばんにちわ。

ジュンパンやで。

コロナ禍で家にいる時間も多くなって、家での環境を良くしようと今空気清浄機は爆売れしている。そんな中で、俺が実際に使っている空気清浄機KC-L50-Wのメリットデメリットをご紹介。

みんなの悩み

空気清浄機は結局どれがいいの?

・シャープのプラズマクラスターどうなの?

・アレルギー持ちの人に効果はあるの?

結論、これで十分。家の空気が綺麗になるコスパ最強の空気清浄機KC-L50-W

ジュンパン

この記事は3分で読めるから。KC-L50-Wを買うか悩んでいるという方は、読んでいってね。

KC-L50-Wのスペック

まずは「KC-50」シリーズの特徴をサクッと確認していく。

  • 低価格・高コスパが売り
  • 加湿機能あり
  • 10年交換不要のHEPAフィルター搭載
  • プラズマクラスター7000搭載
  • 空気清浄範囲:~23畳

見た目もかなりスマートで、部屋に置いても圧迫感がなく、部屋の景観を崩すことはない。デザインが気に入って購入する人も多い。

メーカー‎シャープ
型番‎KC-L50W
梱包サイズ‎66 x 44 x 26.8 cm
素材‎プラスチック
‎ホワイト
サイズ‎13畳
その他 機能‎加湿機能
電源‎電源コード式
電圧(V)‎100 ボルト
騒音レベル‎52 dB
お手入れ‎布拭き
ブランド名‎シャープ(SHARP)
商品重量‎7.5 キログラム

現在の最新機種は「KC-P50」シリーズだが、型落ちでもスペックはほとんど同じ。型落ちの方が安く手に入るので、特にこだわりがなければ、安い方がおすすめできる。

それでは、メリットデメリットを紹介していく。

‎KC-L50-Wのメリット

メリット①デザインがよく部屋に馴染む

デザインもシンプルで、大きすぎないためいろんな場所における。

口コミでもデザインに関して良い評価が多数あったので、この機種を買うことにした。

プラズマクラスターの範囲は13畳だが、空気清浄は23畳と範囲としては十分である。

メリット②運転はおまかせ一択「加湿も自動」

購入してから、24時間365日おまかせ運転しっぱなしである。実際このKC-L50-Wの近くでファブリーズや掃除をした際には、しっかりと働いてくれている感があり、感度センサーも非常に優秀だと感じている。

加湿機能付きであるため、部屋が乾燥しているなー。と思うことはほとんどない。常に部屋の湿度が40%を下回ったことはない。

メリット③メンテナンスが楽

動画のようなメンテナンス方法は、実際俺は守れていない。一通りのフィルターを1ヶ月に1回、掃除機で吸引し、よく絞った布で拭いている程度である。それで4ヶ月以上使用して性能が落ちたようには感じない。年末の大掃除には、フィルターを水洗いしようと考えている。清掃時間は大体5分程度あれば終わりである。

交換部品も、ネットで手軽に手に入る。非常にランニングコストもかからずお手入れ簡単である。

①加湿用フィルター(交換時期:10年に1回)

②集塵フィルター、脱臭フィルター(交換時期:10年に1回)

③Agイオンカートリッジ(交換時期:1年に1回)

メリット④電気代が安い

1日24時間運転で電気代は約2.4円。24時間365日稼働しっぱなしでも 年間1000円未満。ちなみに俺は買ってから一度も電源は切っていない。常に部屋の中はプラズマクラスターでいっぱいであり、帰ってきた時には快適な空気環境が整っている。

※電気代を電力料金目安単価27円/kWh(税込)[2014年4月改訂](家電公取協調べ)で算出。

メリット⑤プラズマクラスター7000でカビ菌や静電気を除去

KC-L50はプラズマクラスター7000を搭載している。詳しくはこちらから

この効果で、空気中のカビ菌やウイルスを抑制してくれる。目には見えないが安心感が格段に違う。またマイナスイオンが発生することで、静電気も抑制してくれるので冬場の着替えもバチっときたことは無い。

赤ちゃんやペットのいる家庭にも、最適だと考えている。

また、ハウスダストアレルギーの俺も、この空気清浄機を買ってから、一気にティッシュの消費量が減ったから、かなりプラズマクラスターの効果は実感している

KC-L50-Wのデメリット

デメリット①給水のペース

24時間/日で稼働しているため、だいたい1日に1回ペースで給水している。梅雨の時期なんかは乾燥しないから、3日に1回ペースだが、冬場はやはり乾燥するため1日1回ペースである。

俺が極端にめんどくさがりなのかもしれないが、実際毎日この給水タンクに水を入れるのは手間である。

デメリット②壁にベタ付けできない

俺の家では、特に気になってはいないが、KC-L50Wは背面から空気を吸い込むため、ベタ付けはできない。

壁から3センチは離して設置させる必要がある。

部屋の景観を極端に守りたい人は、ベタ付けできないことは少しデメリットに感じるかもしれない。

KC-L50-Wを使用したレビューまとめ

KC-L50-Wはこんな人におすすめ
  • コスパ重視であり、加湿と空気清浄の性能があれば良い
  • 花粉・加湿・ニオイ対策全て網羅したい
  • 細かい湿度管理は不要
  • チャイルドロックは不要

結論、これで十分。家の空気が綺麗になるコスパ最強の空気清浄機KC-L50-W

この機能性能で、2万円を切るのだから、もうこれしかないでしょ。とことんコスパを重視する人は、これを買えば特に不満が出ることはないのでは?

ぜひ、みんなにもこのコスパ最強の加湿付き空気清浄機を買って、お部屋時間を豊かにしてほしい!

ブログランキング・にほんブログ村へ

⇦クリックしてくれたら頑張れます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA